スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒界

前の記事で使っていた暗黒界です。

[モンスター14枚]
暗黒界の狩人ブラウ3 暗黒界の術師スノウ3 暗黒界の尖兵ベージ1 暗黒界の龍神グラファ3
魔界発現世行デスガイド2 トランス・デーモン2


[魔法18枚]
一時休戦1 大嵐1 おろかな埋葬1 死者蘇生1 手札抹殺1 闇の誘惑1
暗黒界の取引3 暗黒界の門3 サイクロン2 テラ・フォーミング1 墓穴の道連れ3


[罠8枚]
神の警告1 神の宣告1 激流葬2 マインドクラッシュ2 闇のデッキ破壊ウイルス2


[サイドデッキ15枚]
ライオウ2 異次元の女戦士1 ライトロード・ハンターライコウ2 サイクロン1 アンデットワールド1
転生の予言1 群雄割拠1 砂塵の大竜巻2 次元幽閉2 連鎖除外1 魔のデッキ破壊ウイルス1


[エクストラデッキ15枚]
No.22不乱健1 No.107銀河眼の時空龍1 聖刻神龍エネアード1
No.16色の支配者ショック・ルーラー1 No.50ブラック・コーン号1
No.106巨岩掌ジャイアントハンド1 ガガガガンマン1 交響魔人マエストローク1
ジェムナイト・パール1 ラヴァルバル・チェイン1 No.17リバイス・ドラゴン1
No.30破滅のアシッド・ゴーレム1 虚空海竜リヴァイエール2 発条機雷ゼンマイン1


こんな感じですね。

本来はリヴァイエールを1枚ダイヤウルフにしたかったんですが入手が間に合いませんでした・・・

今回の大会ではアシゴ、リヴァイエール、リバイスを1回ずつしか通算で使わなかったですねw

アシゴは門なしグラファの隣に立ててスクドラを殴り倒すのに使いました。

あとタキオンは調整段階でセットバテルを殴って4000打点叩きこんだりとかドラゴサックを普通に突破したりしたので使えると判断しました。

サイドはそんなに解説するようなことはないはずです。

あ、スキドレを入れるの忘れてたんですよね~

アンデットワールドはテラフォをメインから入れていることもあり自然と入れることができました。

まあ今回は引くことがありませんでしたがw

サイクロンは今の環境だと奈落がないことからテンキいチェーンするくらいしか使い道がないので1枚サイドにしています。

正直周りが環境トップばかりなら0枚でもいいと思いますがね。

2戦目以降は永続メタを割らないといけないのでメインサイドで合わせて3枚は欲しいと思います。

あと砂塵は抜くこと推奨です。

まず入れる機会がないので私ならドロールかメンタルドレインを入れますね。

次はメインですね。

まず今の環境的に速さがないデッキは話になりませんのでドロソをガン積み。

ただし成金だけは暗黒界の強みの「グラファの直接攻撃3発で勝利」がなくなるので却下です。

あと暗黒界の動きが非常に早まる門を引っ張るテラフォも1枚入れています。

メインデッキにサイクロンが消えてきているのも門にとっては追い風ですね。

環境トップ勢とやったら門発動できないとまず負けですので1枚は必須、2枚目も検討しています。

現に今回の大会で当たったトップ勢(マーメイルと3軸)戦は門を使えなかったデュエルは全て負けてます。

初手から握ったらコストを払えるか不安でしたが取引墓穴ガイドトランスと墓地に落とすカードが多いのでコストには困りません。

一時休戦は非常に迷いましたが基本先行のときだけ入れてますね。

魔導相手ならドローさせてもスタンバイ闇デッキで関係ないですし、3軸は墓穴打てば基本解決します。

ただ征竜だけはどうにもならないので2戦目以降はずっと引っ込んでると思います。(今回当たってないので断言しかねますが。)

それと墓穴、闇デッキ、マイクラのピーピングハンデスを大量搭載。

本当は全部3積みしたかったのですが闇デッキはダブったら負けが見えてきますので2枚。

マイクラは3積みもアリかなと思いますが確実に相手の動きを止められるわけではないので私は2枚です。

当たり前ですが闇デッキとマイクラはフリーチェーンなので一番おいしいところで打ちましょう。

勝ち筋は言うまでもなくグラファの中期的なビートかハンデスでボロボロになった相手にグラファの直接攻撃を3発入れるだけです。





追伸

速度を可能な限り上げていますのでグラファが速攻で出ます。

平均したら自分に3回ターンが回ったらグラファが立っているはずです。

ただしけっこう諸刃の剣でしていくつか問題点があります。

1つ目の問題点としては自分に3回ターンが回ってくるということは相手に2、3回ターンが回っているということですのでジュノンやドラゴサックが出てくるのに十分な時間を与えてしまいます。

バックはあまり厚くないので速攻でグラファを立てなければすぐに押し潰されます。

2つ目は取引と一時休戦をガン積みしている点です。

これらは自分の速度を上げるのと同様に相手の速度も上げてしまっていますのでグラファを立てても相手の手札がどうにもならないくらい強くなっていることもあります。

まあこれらは暗黒界が今の環境でやっていく上で仕方ないことですのでなるべく改善は試みますが諦めましょうw

魔導と炎星はグラファ複数立てて殴り倒せばなんとかなりますが征竜はこの構築だとマジで無理です。
スポンサーサイト

BK

BKの調整の経過報告がてら今のレシピを

[モンスター22枚]
BK グラスジョー3 BK スイッチヒッター3 BK スパー3 BK ヘッドギア3 BK カウンターブロー2
カードガンナー2 炎征竜ブラスター2 エフェクト・ヴェーラー3 フォトンスラッシャー1


[魔法12枚]
大嵐1 おろかな埋葬1 死者蘇生1 増援1 強欲で謙虚な壺2
RUMバリアンズ・フォース1 禁じられた聖槍2 サイクロン3


[罠7枚]
神の宣告1 神の警告1 激流葬2 奈落の落とし穴2 ブレイクスルー・スキル1


こんな感じです。

優先度は先行リードブロー+伏せ>>リードブロー擁立ビート>>アドの獲得です。

アドを軽視しているのではなく1、2枚程度のディスアドならリードブローのビートの過程で普通に取り戻せますので多少アドで不利になってもリードブローを出せ、ということですね。

あとスイッチヒッターのつり上げリードブローが最強な割にモンスターが墓地に溜まるのに1テンポ遅れるデッキですので素早い墓地肥やしとデッキ圧縮のためにカードガンナーを採用しました。

ブラスター、カウンターブロー、ブレイクスルースキルあたりはカーガンとも相性がいいですし。

アド損より墓地にBKがいない状況が一番痛いので先行カーガンもこのデッキでは行います。

ブラスターはバック割りと墓地肥やしを同時にこなし、カーガンで落ちても腐らずに打点の増強まで狙えるカードです。

最後にBKで意識する相手のライフラインについてです。

リードブローの準備が整ったら相手の残りライフも気にしながらゲームを組み立てます。

ライフは2000~6000あたりは一発で削れますがそれ以上はキツイのでやはりダメージ源はリードブロービートになりますね。

あ、少しのカード消費で削れるダメージは4000前後ですんで。

甲虫装機

年末は宿題しないって決めてるんで暇です。

甲虫装機でもこの機会にレシピ載せようかな~と。

テンプレだからそんなに大したことは書けませんが。



[モンスター23枚]
甲虫装機ダンセル 甲虫装機ホーネット カオスソルジャー-開闢の使者- ダーク・アームド・ドラゴン
冥府の使者ゴーズ クリッター トラゴエディア
甲虫装機グルフ3 甲虫装機ギガマンティス2 甲虫装機センチピード3 甲虫装機ホッパー
カードカー・D2 エフェクト・ヴェーラー3 増殖するG2


[魔法10枚]
大嵐 おろかな埋葬 死者蘇生 闇の誘惑 強欲で謙虚な壺2 甲虫装機の魔剣ゼクトキャリバー サイクロン3


[罠7枚]
神の宣告 激流葬2 奈落の落とし穴2 リビングデッドの呼び声2


サイドエクストラは割愛で。

えー別に特に何の変哲もない甲虫装機ですね。

ナイショサイクでバックがあまり信用できないため手札誘発を多く採用しました。

それに伴いカーDを採用。

週末トマトをピンで刺していましたがカーDの採用で召喚権・デッキのモンスター比率が厳しくなり抜けました。

激流葬貰わないダンセルは強かったので悩みましたが、やっぱり手札誘発を多く積みたいですね。

ホーネットさえ引けばトップ勢以外は普通に勝ててトップ勢にも五分以上の戦いはできます。

カーD、G、合憲、誘惑、クリッターで持ってきましょう。

あとは普通にアドとって行くだけです。

ホーネットが来なくてもギガマンビートが今の環境でそこそこ通用してダンセルグルフでもアドを稼げることからそこそこ安定もしています。

トラゴはGで引きたいものがゴーズヴェーラーしかなくなるので採用しました。

中盤以降はハンドがメガロアビスを止められる4枚で維持することができない状況がありますのでピン。

でも合憲でめくったり一度出せば2戦目以降は2枚あるものとして警戒してくれます。

ゼクトキャリバーは何に使ってもいいですね。

ダンセルホーネでサーチしてダンセルに付けてターン返すもよしホッパーセンチにつけて2400ラインに届かせるもよし。

リビデ2枚は3枚にしたら序盤でかさばったり仕掛けるターンを計算して伏せるためサイクナイショの餌食になったりするので2にしました。

カーガンでも入れてれば3でもいいと思うんですがね。

ホッパーは装備する虫、される虫どちらにもなりショックルーラーが簡単に作れるので採用です。

直接攻撃効果もセンチホッパーでギガマンサーチしたら2400で直接攻撃できるので引導火力にもなりますね。

ナイトショットも試してみたいところです。

センチが奈落の集中砲火で通らないのがきつすぎます。

ナイショに限らずバック割りを増やしてみたいですね。

暇すぎワロタwww状態なので虫のキルパターン

レシピはまたいつか上げますけど、ヒマなんでもうワンキルパターン書いときます。

ハンド3枚以下のものかつ必須カードのみ使う1キルしか書きません。

積極的に狙うべきものからそうでないものまで色々ありますが使えるパターンは多いに越したことはないでしょう。

虫2枚SSのところをホッパー+何かにしたらグルフ絡めてショックルーラー立ちます。

覚えておいて損ではないでしょう。

あとギガマンサーチって書いてあるところもゼクキャサーチの方が強かったりしますんで、その辺は調整して下さい。

1、ダンセル+ホーネ+蘇生カード(的2つ)

正直これは皆知ってると思いますけどねw

ダンセルNS→効果でホーネ→外してセンチSS→センチホーネでギガマンサーチ→リバイス→効果でダンセル墓地に落とす→ダンセル蘇生→ギガマンホーネ付けてギガマン割る→センチ2枚SS→センチにギガマンホーネ装備→総攻撃

合計1000+2100+2400+2500=8000

ギガマンの効果使えば打点はもっと上がりますが墓地にホーネがいなくなり相手の返し方によってはなかなか厳しかったり。

ホーネ付けてるおかげでトラゴーズを完全にカバーできます。(カイエンは最後のリバイスで破壊)

攻撃時に壁がいて削りきれなかったらホーネでダンセル割ってゼクトキャリバーサーチしてセンチに付けときましょう。

返しで1キル食らわない限りはまあ勝ちです。

2、ダンセル+グルフ+蘇生(的はなし)

案外知らない人がいるパターンです。

ダンセルNS→ダングルでレベル4にしてセンチSS→センチグルフでギガマンサーチしてレベル4→チェイン作ってダンセル落としてホーネ落とす→ダンセル蘇生でギガマンホーネ付ける→墓地のグルフとセンチ2体SS→グルフにギガマンをセンチにホーネを装備→総攻撃

合計1000+1600+1800+2100+2400=8900

このパターンでもまだ2回ホーネットを装備できるのでトラゴーズはケアできます。

残ったらホーネでダンセル割ってもう1体のセンチにホーネとゼクトキャリバーを付けてあげましょう。

3、ダンセル+ホーネ+ギガマン(的はなし、ギガマン2枚必要)

ちょっとややこしいです。

ダンセルNS→ホーネギガマン→ホーネでギガマン割る→ギガマンの効果使わずセンチ2体SS→センチにホーネ付ける→ホーネでダンセル割ってギガマンサーチ→もう1枚のセンチにホーネギガマン付ける→ホーネでギガマン割ってゼクトキャリバーと何か(グルフ推奨)サーチ→ギガマンでダンセルSS→ゼクトキャリバーとホーネ付けてゼクト割る→ギガマン回収してグルフセンチSS→グルフにギガマンをセンチにホーネを付ける→総攻撃

合計1000+1600+1600+2100+2400=8700

またトラゴーズケアできます。

赤字が重要でギガマンの効果を一回目に使うとワンキルできません。

伏せ除去ができないのが少し心もとないところですね。

サイクや大嵐が欲しいところ。

先行でこの組み合わせがあるならかなりビート系のデッキにはキツイ布陣が敷けます。

まあ使わないんで忘れましたがリバイス+ギガマン装備+ゼクキャセンチだったと思います。

4、ダンセル+ホーネ+ゼクキャ(的なし、ギガマン1枚でも可)

3の最初をギガマンからゼクキャにするだけです。

ただキル失敗したときにゼクキャセンチ墓地ダンセルができなくなるので微妙。(ゼクキャピン挿し想定)

5、ダンセル+ホーネ(的2つ、除外にセンチ)

最近じゃサイチェン後にも奈落を残してくる人もいるため奈落に落ちたり誘惑で飛ばしたりでセンチが除外されてるときはよくあります。

ダンセルNS→ホーネ装備で的破壊→センチSS→ホーネ装備で的破壊してギガマンサーチ→リヴァイエール作ってセンチ帰還→センチにホーネギガマン付ける→ホーネでギガマン破壊してギガマン効果でダンセルSSしセンチ効果でギガマンとグルフ(別に何でもいいです)サーチ→ダンセルにホーネギガマン付ける→ホーネでギガマン破壊→センチグルフSS→ギガマンセンチに付けてセンチにホーネ付ける→総攻撃

合計1000+1600+1800+2100+2400=8900

またしてもホーネ装備してるからトラゴーズケア可。

これはよく使いますね、是非とも覚えておきたいところ。

6、ダンセル+グルフ+ギガマン(的なし、除外にセンチ)

始めが違うだけで4と同じです。

ダンセルNS→グルフ装備でレベルを上げずセンチSS→センチグルフでレベルを上げずホーネサーチ→リヴァイエール作ってセンチ帰還→(以下同様)

ハンドに虫がこんなにいたら大抵センチが通ってるのでこの状況自体がまずできません。

弱いハンドの時でもワンチャンで1本取れるから一応頭の隅には置いておきたいところ。

7、ダンセル+グルフ+サイクロン(的なし、相手の場に攻撃力1400以上)

ダンセルNSしてダングルセンチ(レベル2つずつ上げる)→センチ効果でギガマンサーチ→ギガマンをダンセルに付けてサイクロンで割る→ギガマン効果でグルフSSダンセル効果でセンチSS→グルフ効果でギガマン装備→ダンセルセンチでヴォルカ→相手モンスター焼いてガイドラに乗り換え→総攻撃

合計1400~(バーン)+1600+2400+2600=8000~

ホーネが絡まないからトラゴはガイドラで殴り倒せますがゴーズは相手ターンに残ります。(もちろんハンド多ければトラゴケアもできません。)

少しいじれば先行ショックルーラーが作れますがあまりバックが厚いわけでもないので出す意味は薄いです。

ラヴァル相手にならアリかもですね。

8、ダンセル+ホーネ+ダムド(的1つ、墓地闇1~3)

ホーネが墓地に落ちてるなら墓地闇2~4です。

【ダンセルNS→ホーネ装備して的破壊→センチSSしてセンチにホーネ装備→ホーネでダンセル破壊しギガマンサーチ】→【】内で墓地闇3になった時にダムドSS→ギガマンセンチに装備しダムド効果でギガマン破壊(ダムドのコストはホーネダンセル以外)→ギガマン効果でダンセル蘇生しセンチ効果でゼクキャかギガマンサーチ→ダンセルにホーネ装備してサーチした装備カード破壊→センチ2枚SS→ホーネ付けて総攻撃

合計1000+1600+1600+2100+2800=9100

センチがデッキに1枚でもラストのグルフ2枚にギガマンとホーネ付ければ届きますね。

もちろんこの場合でもトラゴーズのケアはできますがゼクキャがないと返しブラホで死にます。

最後にセンチを1枚でも呼べていればホーネでダンセル破壊してゼクキャ付けることで返しも完璧です。

でもまあ制限カード3枚揃うことはそうそうないですし、揃ってもライフは減っているでしょうからこれ通りにやることはないと思います。

9、ダンセル+グルフ+ダムド(的なし、墓地闇2、3)

グルフ墓地なら墓地闇3、4です。

【ダングルセンチでギガマンサーチ】→【】内でダムドSS→ギガマンをダンセルに装備してダムドで破壊→センチ2枚SS(ギガマンは効果使わない)→センチグルフでホーネサーチ→センチにホーネ付ける→総攻撃

合計1000+1600+1600+2100+2800=9100

ホーネあるのでトラゴーズは残りません。

ラストの2体SSがセンチグルフならトラゴーズ焼いてキルできます。(1000+1000+1600+1600+2800=8000)

グルフグルフでも一応それぞれにギガマングルフをつけて1キルはできますがトラゴーズが無理です。(1000+1000+1600+2400+2800=8800)

まあダムドで燃やせばいいんですが除外したくないのが墓地にいることもしばしば・・・



結果的に1キルになることは他にもありますがパターンとして認識しているのはこの9つですね。

1、2、5は特に狙うことが多いです。

この3つは必ず覚えておきたいところ。

他はバック割りに必要なサイクがパターンに入ってたり、バック破壊できなかったり、大抵通らないダムドが絡んでたりで微妙です。

ただ手札にそろったら「おっ」程度に思い、通りそうなら突っ込みます。

まあ実際はホッパー引っ張ってショックルーラー立てて2キル狙うことも同じくらいありますがホッパー自体まだ必須カードとは認識されていないので控えます。(書くのだるいだけとか言えない)

ダンセルに付けた装備カードをホーネで割ってホッパー+センチを呼んで作ることが多いですね。

制限とはいえサーチ方法豊富なカードを絡めた1キルが大量に存在していますのでまだまだ強さは健在だと思います。

細かい解説はまた今度ですがいつかしようと思います。

TG代行

コメント返信

>>ギルさん

海皇って普通に使ってもマーメイルの劣化にしかならないし・・・

ジェネクスでアイデンティティを確立しましたけどあまりにワンパターンすぎて嫌になりましたw



久しぶりのデッキ紹介、今回はTG代行です。

とりあえずレシピを



[モンスター:26]
TGストライカー カオスソルジャー―開闢の使者― クリッター 冥府の使者ゴーズ

神秘の代行者アース2 大天使クリスティア トラゴエディア2

TGラッシュライノ TGワーウルフ3 エフェクト・ヴェーラー2 カードカー・D2

創造の代行者ヴィーナス3 神聖なる球体3 マスター・ヒュペリオン3


[魔法:7]
大嵐 死者蘇生 強欲で謙虚な壺2 サイクロン3


[罠:7]
神の宣告 神の警告2 激流葬2 奈落の落とし穴2




今の使用レシピです。

とにかくアドを稼ぐデッキですね、これに尽きます。

というかアド損を回避しながらアドを稼いでいきます。



序盤はアドを稼いでいきます。

ここでアドをしっかりと得ることができたら中盤、終盤がとても楽になります。

このデッキにはTGを筆頭にアド損を回避する手段は多いです。

それに加えてアドを稼げる、稼げるポテンシャルを秘めたカードも多いです。

場に出るだけでアド損がなくなるクリッターやアドを稼げるアースを積極的にシンクロ素材に使っていってあげましょう。

その辺を素材に使えば実質的にはアドを稼いだようなものです。

あとアースはクリッターやTGと違って場に出ただけで間違いなくアドが+1です。

そんなアドの塊のアースを先行1ターン目で立てる、というのは極力避けた方がいいと思います。

個人的には返しでアースを召喚してヴィーナスをサーチしながらシンクロ・エクシーズ素材になるのが理想です。

クリッターFS→アースNS→ワンマジSS

特に↑の流れはどこで止められても1:1以上は確定の流れです。

あともう1つアドを簡単に稼ぐ手段として戦闘破壊があります。

あまりこのデッキが得意な分野ではないですがラッシュライノが戦闘を担当してくれます。

このラッシュライノはアドを稼ぐにはうってつけのアタッカーです。

攻撃力2000、TGからサーチして出せば消費は実質0、戦闘破壊されても後続サーチ

色々書いてあることがおかしいレベルですね。

セットワーウルフが破壊される→ライノサーチ→召喚して戦闘破壊

TGの相互サーチのおかげでお手軽な↑の流れを決めるだけで0:1交換となります。

↑の流れはハンド次第でいろんな動きに派生できてアドを稼ぐ基本の流れになります。



中盤はしっかりと除去をマストカウンターにあててビートしていきます。

ハンド次第ですがこの辺はまだヒュペや開闢は温存ですね。

アドの概念をぶち壊すパワーカードですから、返しが追い付かない時に使うようにしましょう。



終盤になったらアド差を利用してエクシーズやシンクロ、開闢やヒュペの大型でライフを0にしに行きます。



注意点としてはヴィーナスとヒュペですかね。

こいつらは正直どこで打っても活躍します。

ヴィーナスは奈落や警告を踏ませてヒュペや開闢に繋いだり伏せが切れたところにだして1キルを狙ったりですかね。

ヒュペは奈落警告チェッカー、返し、1キルの打点の水増しなどです。

逆にいえば下手なところで使ってしまうとこれだけの役割を持っているカードをみすみす捨てることになります。

この2枚の使い時は使用者の腕の見せ所ですね。



まあ色々思いつくままに書きましたが序盤が全てです。

そこでいかにアドを稼ぐか、もしくは1キルに持っていけるルートに入ることができるかで勝敗がほぼ決まります。

構築面ですがクリスティアは腐るの覚悟でピンで入れたけどやっぱり腐りますw

正直TG代行使い始めた次の日くらいに抜くか増やそうと思ったレベルですw

リビングデッドや2枚目のラッシュライノとの入れ替えを検討中です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。