FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ考察-ラギアBF

えーっとこのブログの操作にもだんだん慣れてきましたね~

春休み中、ということでヒマなんですよね。
というわけでデッキの解説でもしていこうかなと。

あっ、相互申請して下さった皆さんありがとうございますmm


で今回解説するのはタイトル通り【ラギアBF】です。

とりあえずレシピ

[モンスター:19枚]
ダーク・アームド・ドラゴン エフェクト・ヴェーラー2 ジュラック・グアイバ3 ジュラック・ヴェロー
BF-蒼炎のシュラ3 BF-黒槍のブラスト3 BF-精鋭のゼピュロス BF-月影のカルート
BF-疾風のゲイル BF-東雲のコチ BF-極北のブリザード2


[魔法:10枚]
強欲で謙虚な壺2 禁じられた聖槍2 サイクロン3 黒い旋風 死者蘇生 月の書


[罠:11枚]
神の宣告 神の警告2 奈落の落とし穴2 デモンズ・チェーン2 激流葬 ゴッドバード・アタック3


[EX:15枚]
スクラップ・ドラゴン スターダスト・ドラゴン ブラック・ローズ・ドラゴン BF-アーマード ウィング
氷結界の龍 ブリューナク BF-アームズ ウィング 大地の騎士 ガイアナイト A・O・J カタストル
No.39 希望皇ホープ No.50 ブラック・コーン号 エヴォルカイザー・ラギア 交響魔人 マエストローク
ジェムナイト・パール インヴェルズ・ローチ No.16 色の支配者 ショック・ルーラー


名前から分かる通りBFにグアイバギミックぶち込んでラギアを出せるようにしただけです。
この構築に至ったのは、BFの構築に行き詰ってるとき私の長年の友人に「グアイバBF」というものを提案されましてね。
それから研究してこの形に収まりました。

ブリザード2の理由は後々・・・


利点

1、シナジー
シュラとグアイバは多少の差はあれども戦闘破壊をトリガーにして後続を呼び出す効果ですね。
BFの場合はそのシュラの効果を生かすために戦闘補助のカルートやゲイルがいて、シュラと攻撃を通すための後鳥羽があります。(もちろんこの限りではないですがね)
ラギアの場合はグアイバの攻撃を通すために聖槍があったり、相手の展開の核を潰して返しにグアイバを通せるようにデモチェがあります。(もちろんこの限りではry)
何が言いたいかというと普通にBFにグアイバ入れても回るんですよね。
聖槍はシュラで殴りかかる時に手札から打てますし、アーマードに打てばヴェーラーデモチェの併用でほぼ無敵化します。
後鳥羽をエンドサイク感覚で打てば返しにシュラグアイバでランク4を立てれます。
BFのカードはグアイバをサポートしてくれてグアイバのサポートカードはBFもサポートしてくれる、普通にいいコンビです。

2、ランク4の立てやすさ
現環境ではカタスを立てる意味が薄いからコチの採用でシュラからランク4を作れるようにしています。
カタスは聖刻には使えますがローチでいいかなって思ってます。
シュラ+ブラスト+コチやグアイバ+グアイバ+ブラスト等でショックルーラー作れるのも大きいです。
特定の種類のカードに頼るデッキが多いため、ショックルーラーは現環境では出たら最強のランク4だと思っています。
ついでにチェインは入れてません。
この手のトラップビートではデッキトップを操作してまでダムド・開闢を持ってくる意味は薄い、というのが私の持論です。
そもそもこの手のデッキは爆アド叩き出すカード使わなくてもちゃんと回せば勝てます。
でも普通のBFならアリだと思います。


欠点

1、召喚権不足
シュラグアイバを通常召喚して動き始める(もちろん他の場合もありますが)デッキですからハンドにダブったらきついです。
ハンド次第でどっちを先に立てるか考えましょう。
でも基本はラギア優先です。

2、スノーマンイーター、ライコウ
BFとラギア合わせたらスノーマン、ライコウがぶっ刺さります。
スノーマンは守備も1900なんでゲイルカルートを使わなければ越えれません。
スノーマンのピンポイント対策でタナトスを入れるのもアリかな、と思っています。

3、後鳥羽
普通のBFでは後鳥羽は最強のサポートでアドの塊です。
フリチェということもあり基本はアドを稼げるタイミングで打ちます。
が、しかしこのデッキなら話は別。
シュラグアイバを通すのが最強の動きですから普通のBFではまずありえない、アドは稼げないけどエンドサイク感覚で打つ、という動きが出てきてしまいハンドにグアイバがいたら実際この動きがほとんどになります。
その動きでブリザードも生きては来ますが、グアイバと召喚権を取り合います。
これがあるからブリザードは2にしました。
個々の高いスペックと柔軟性で今までトーナメントシーンで勝ち残ってきたBFにとってこれは致命的なんですよね。


こんなもんでいいかな。
ちょっとBFは思い入れのあるデッキですから熱くなりました。
基本はこんなに長く考察しないと思いますから安心して下さいw

長文駄文でしたがお付き合いいただきありがとうございます、少しでも読者さんの足しにでもなれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。