スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会レシピ

昨日の予告通り、大会に出たレシピです。

[モンスター:9]
E・HERO エアーマン E・HERO アナザーネオス3 E・HERO バブルマン2 フォトン・スラッシャー エフェクト・ヴェーラー2


[魔法:21]
大嵐 死者蘇生 月の書 増援 サイクロン3 E・エマージェンシーコール3 ミラクル・フュージョン3
デュアル・スパーク3 強欲で謙虚な壺3 超融合2


[罠:10]
神の宣告 神の警告2 ヒーロー・ブラスト2 激流葬2 奈落の落とし穴 スターライト・ロード リビングデッドの呼び声


[EX:15枚]
E・HERO the シャイニング2 E・HERO アブソルート Zero E・HERO エスクリダオ
E・HERO ノヴァマスター E・HERO ガイア E・HERO GREAT TORNADE
スターダスト・ドラゴン 機甲忍者 ブレードハート2 No.50 ブラック・コーン号 交響魔人 マエストローク
ジェムナイト・パール インヴェルズ・ローチ No.16 色の支配者 ショック・ルーラー


サイドは割愛します。

いやはや・・・昨日も書きましたが

ローチが強いです。

特に今回の大会はローチが効かない相手とは2回しか当たらなかったので、残りの3戦では必ず出してました。

ヒロビが苦手な(だと思っている)暗黒界を抑えられるのは大きいです。

暗黒界、というかグラファが怖いんですよね。

でもシャイニングの隣にローチ立てておけばグラファの効果でどちらを破壊しても蘇生はできなくなります。

たまに「虫に刺さらない」とか言う理由で抜いている方を見ますが、やはり何と当たるか分からない大会では入れておくべきだと思いました。

次ですが

フォトスラが想像をはるかに上回る便利さでした。

エアーやアナネオは当たり前ですがコイツも間違いなく大活躍してくれました。

もうバブル型なら採用率は9割は軽く超えてる(であろう)フォトスラですがやはりいいですね。

フォトスラ、バブル、モンの初手がモンスター3枚体制でも何とか処理できます。

もう一枚のモンスターがエアーマンなら二枚目のバブル加えて1キルルートまっしぐらですし。

あとサンバの処理は多分これでしかできないですから(パワーカード組は初めからアテにしないこと)相手によってはバブルの都合が絡まない限りずっとハンドに握っててもいいかも。

というかハンドに置いとかないとサンバでズルズル持って行かれます。

こんな風に思わぬリカバリー能力を発揮してくれることもあります。

更に

ショックルーラーも強いです。

正直、バブルマン型からカーD型に乗り換えるのを躊躇してた理由はほとんどこれです。

カーDにしたらバブルが入れられなくなりますから、ショックルーラーを使えなくなってしまいます。

ついでに↑で書いたローチやゼンマインを潰せるコーン号も出すことが難しくなります。

ローチやコーンの4×2体組はフォトスラを残して解決しましたがカーD型はショックルーラーが出せない・・・

モンスター宣言しとけば1ターンしのげるような環境でこの存在は大きいです。

罠宣言すれば1キルまで持っていけるし。

でもカーDでもたらされる安定感は素晴らしいですね。

バブル型なら
・バブルとヴェーラーがハンドで出あう
・バブル同士がハンドで出会う
・バブルとモンが1枚だったのに次のドローでモンを引く
などなどの不安要素が付きまといますし。

まあやはり次の大会はカーD型になりそうですね。

周りには2人しかいないものの、オピオンにこれ以上弱くなって大丈夫なのか心配ではありますが。

まあフォトスラを握ってればなんとかなる・・・か?

まあ聖刻も多いし奈落は積むのが安定ですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。